岩手県北上市の住宅リフォーム・住宅メーカー: ハイブリッドソーラーハウスと介護リフォームのグランドホーム高与建築

家づくりの本当の目的とは?

家づくりの本当の目的とは?

日本の家は寿命が短いことをご存知でしたか?


takayo_img_1026b 日本の住宅の平均寿命は、およそアメリカの2分の1、
ヨーロッパのわずか3分の1です。
そう言われてみるとたしかに、日本は木造建築が主流ですし、そもそも地震や台風に襲われる災害列島というのもあります。2011年の東日本大震災でも、津波によって実に40万戸近い住宅・建造物が全半壊したことは記憶に新しいですね。

>> 北上市の生活再建住宅支援事業について

国交省は構造をより強く、耐震性も高めた住宅に対して「長期優良住宅補助金制度」を設置し、補助金を出していることからもわかるように、日本住宅の堅固化は国としての感心事の一つです。

takayo_img_1026c

ところが、上の図を見てください。2011年のような事情を除くと、全国の滅失住宅中、災害による滅失は0.2%しかありません。地震に至ってはほぼ0%。97%は所有者が自ら解体しています。

これはつまり、日本人が自らの住宅に満足できていないことの現れともいえるでしょう。



家づくりの本当の目的とは?



新築で新しく家を当てるときだけでなく、リフォームや増改築でも同じことが言えますが、最も大切にもかかわらず、非常に難しいテーマが「なんのための家造りか」を明確にすることです。

もっとも、様々な工務店や住宅メーカーが「オール電化」「ゼロエネルギー住宅」「免震」などなど低コスト、快適さを売りにした商品を出回らせている昨今、「なんのために家を建てるのか」といったような根本的なテーマについて考えることは難しいことかもしれません。

最新の便利な機能や次世代型の技術を備えることは、確かに魅力的で快適に暮らせる印象を持つでしょう。

しかし、それ自体が家づくりの目的ではないはずです。


本当に大切なことは「満足できる住宅を建てること」

そしてそのためには

  • 寒さや暑さから守ってくれる家
  • 住み心地に満足して暮らせる家
  • 安心して子育てができ、安心して老後を迎えることができる家
  • そして、世代を超えて住み継げる家

という、人の住まいとして本当に大切なことを意識する事が必要なのです。


あなたも、ぜひもう一度考えてみてください。

あなたの家族と暮らす新しい住まいはどのような目的で建てるのでしょうか?

「家造りの本当の目的」をきちんと見定めること。
それが家づくり成功の鍵なのです。




関連記事

段差を解消する介護リフォームのポイントとは?

床材の変更リフォームで滑る事故や転倒事故の軽減を

介護リフォーム 手すりはどこに設置したらいいの?

岩手県北上市での介護リフォームの流れ

介護保険・助成金をリフォームに活用するには?