岩手県北上市の住宅リフォーム・住宅メーカー: ハイブリッドソーラーハウスと介護リフォームのグランドホーム高与建築

新築とリフォームはどちらがお得?メリット・デメリットとは?

新築とリフォームはどちらがお得?メリット・デメリットとは?reform02 reform01
こんにちは、グランドホームWEB担当の高橋です。
今回は新築・中古リフォームのメリットとデメリットについてお話します。


弊社に相談にいらっしゃるお客様からの質問でも特に多いものが


「中古住宅リフォームがいいのか?それとも新築にすべきか?」


というものです。

このホームページにこられた方の中にも
同じようなお悩みを持っている方は多いのではないでしょうか?


もちろん費用面だけで見れば、
新築よりも中古住宅のリフォームの方が
安く上がることが多いですよね。

それに最近だと、特にテレビや雑誌などでも、
リフォーム前後の劇的な変化を紹介している特集をよく目にしますから、
割安で新築のように生まれ変わるのならリフォームのほうが良いのでは・・・?

と考える人も多くなってきました。


しかし、それだけでどちらがお得か?を判断してしまうのは危険です。


なぜなら「リフォームは完璧無比」ではないから。


住まいの状況や要望によっては、
リフォームしてもメリットが薄かったり、
費用も場合によっては新築よりも高くなったりすることもあるのです。


それでは、新築とリフォームの
上手な選び方って一体どうしたらいいのかを
新築とリフォームのメリットとデメリット、
費用や施工の際のポイントを中心にまとめてみました。


flowimage01

新築・中古リフォームのメリットとデメリット



新築の場合
メリット
・自由に設計できる
・敷地を最大限に利用して建築ができる


デメリット
・リフォームよりも割高
・建て替える場合は解体費用や廃材処分費用が発生する
・間取りや景観は図面が頼りのため、完成後のイメージがしにくい



中古住宅リフォームの場合
メリット
・新築よりも割安
・建物がもうあるので、周囲の状況や景観をイメージしやすい
・解体費用や廃材処分費が新築よりもかからない

デメリット
・建物の使用状況や老朽化がひどい場合は追加費用が発生する
・構造・間取りを大きく変更できない
・構造や間取りを変更する場合は新築より高くなることも・・・


一般的に上記のようなメリット・デメリットがあります。


では、これを踏まえて
新築・リフォームのどちらを選んだほうが良いかを
まとめてみましょう。


新築を検討したほうが良い場合

1.建物の腐食が多くて根継ぎが多くなる場合
2.断熱効果や耐震性能を目的のリフォームを検討しているけれど、
  予算が新築の70%を超えるという場合
3.全体的にみて、リフォームしようとしている家が
  理想のイメージと差がある場合


リフォームを検討したほうが良い場合

1.解体や工期が希望とギャップがある場合
2.新築だと法令上の制限がかかる場合
  (法律用語で恐縮ですが擁壁・日射・建ぺい・容積率などです)
3.建物診断時9割以上良好であった場合



いかがでしたか?
基本的には、今回お話したような
新築とリフォームのメリット・デメリットを比較して
判断していただければ良いと思います。



グランドホームでは建築とリフォームを迷っている方が
安心してどちらにするかを判断できるようにしておりますので、
新築にするか、リフォームにするか迷っている方も
お気軽にお問い合わせください。




関連記事

段差を解消する介護リフォームのポイントとは?

床材の変更リフォームで滑る事故や転倒事故の軽減を

介護リフォーム 手すりはどこに設置したらいいの?

岩手県北上市での介護リフォームの流れ

介護保険・助成金をリフォームに活用するには?